パソコンで仲間づくり、楽しい生活づくりを応援します!


by ohbukuro1918
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 今日2人の方が退会・休会されました。その理由は一人の方は、仕事が決まった為、もう一人の方はパソコン教室へ来る目的が達成された為との事でした。お二人とも、パソコン教室へ来てパソコンでいろいろなことを学んでいかれました。教室で皆様と接しているインストラクターの私にとっては、本来うれしいことなのですが、一面の寂しさもあります。お顔と名前を覚え、いつもにこやかなお顔で入ってくる人、礼儀正しく挨拶をしてくれる人、その人なりのイメージが出来上がっています。ワードやエクセルの分からなかったところを説明して、理解してもらえて喜んでもらえた時は、インストラクターをしている喜びを感じます。そんな慣れ親しみ始めた人たちが去っていくことは、正直さびしいですね。
 でも、この教室に来られる方は、みなさん月謝を払っていただいています。月謝を支払っていただくには、それなりの魅力なり充実した内容が必要です。「特別講座」これは、正式のカリキュラムにはない講座です。今回、生徒の方々にアンケートをとり「デジカメを整理しよう」という1時間の講座を開きました。デジカメが普及して、撮った写真の整理に困っている人が多いと感じたので、その写真に名前をつけ、ナンバーをふり、アルバム印刷をして写真をまとめておく方法を学ぶ講座です。おかげさまで、7人の方が受講の申し込みをされました。受講後、写真の上手に整理をしてくれることを望みます。もし、うまく出来なくても、その後教室に来たときに質問や相談にのってあげられることがうれしいです。その時に、次回の講座へ反省ができ改善することが出来ます。お金をいただいているだけに、喜んでいただけることが一番うれしいです。 
 先月退会された方は、今そのご主人様が教室に通われています。教室に来た時に、そのご主人様から「家内が大変お世話になりました」とこちらからの挨拶の前に挨拶されました。私の方は、恐縮してしまいました。奥様が私たちのことを話してくれていた、退会されてもつながりは続いているんだとうれしくなりました。私たちの仕事のやりがいは、パソコンを通じて人の輪を広げることにあるのかも知れません。パソコンに興味を持ち、勉強してインストラクターになりました。「コンピューター」というと人間の血の通わない冷たく計算する機械というイメージですが、私たちは「コンピューター」を通して人とのつながりを大事にしたいと思っています。だから、ミスや失敗もあります。でも、楽しくお互いの立場を大切にしてがんばりたいと思います。これからも、いろいろな人と出会いと別れを繰り返しながら仕事をしていきます。
[PR]
by ohbukuro1918 | 2008-11-27 23:45 | 記事 | Comments(0)

パソコンと日本語

 「旭山動物園」の「旭」とい漢字が出てこないという質問がありました。私は、「あさひやまどうぶつえん」とまとめて変換しようとしたから正しく変換されなかったと思い「あさひ」と1字だけ変換してみて下さいとアドバイスしました。するとその方は「あさ“し”」と入力をしたのです。「ひ」を「し」を間違えていたのです。私も以前「通り」という漢字に変換するとき、「とうり」と入力して「通り」の字が出てこなくて、このパソコンは壊れていると思っていた時期があります。「通行」と入力して「行」の字をバックスペースで消していました。自分がした間違いを生徒さんもして、ちょっと安心しています。
 以前パソコン(ワープロ)が広まり始めた頃、「パソコンばかりしていると、漢字を覚えなくなる」という声を良く聞きました。でも、今はパソコンから正しい日本語教わっている気がします。漢字が読めないとき、読めそうな読み方で入力するとそのうち正しく変換され、「見つかった」と安心します。パソコンをするということは、正しい日本語の勉強になっているのですね。
 しかし、言語バーが2007になると、「とうり」と入力して変換すると、候補の中に「通り」が出てきます。すごいですね。人間が間違えそうなところを、先に読んで候補の中に入れているのです。ここまで来ると、考えさせられてしまいます。そこまで、コンピュータの頼って良いのでしょうか。「便利」ではあります。その便利さに慣れてしまうことは、いささか抵抗を感じます。これは、私が50代だからでしょうか。20代の若者なら、抵抗なく受け入れ、さらに便利なものを考え世の中は進歩していくのかもしれません。
 「新しいもの」だからという理由で、一概に「良い」「悪い」はいえません。それを正しく知る中で判断することが大切と思います。そのためにも、パソコンを正しく学ぶことは意義あることいえます。新しい発見を求めて、これからもパソコンを学んでいきたと思っています。
 是非、一緒にパソコンを学び、お話ししましょう。
 
[PR]
by ohbukuro1918 | 2008-11-19 17:32 | 記事 | Comments(0)
 6月4日より、東武伊勢崎線大袋駅より徒歩3分のところに、「パソコン市民IT講座 大袋教室」を開設しました。
 パソコンが苦手な人、パソコンが家にあるけれど使っていない人、ワードやエクセルをなんとなくできるけれど自信のない人、インターネットや電子メールをやりたいけれど良くわからない人、デジカメでたくさん写真を撮るけれどその後の整理ができない人、・・・・そんな人は是非、本教室へ相談に来てください。
 現在約70名の方が学ばれています。本教室は、1時間単位。時間は、一人ひとり自由に都合のいい時間を選べます。個人別のムービーで個別学習をしているからです。だから、一人ひとりのペースに合わせて学習できます。インストラクターがいますので、ムービーで分からないことはすぐに質問して、答えてもらえます。
 「楽しくパソコンを学んでほしい」これがスタッフの願いです。パソコンをうまくできないとイライラしがち。また、パソコンをしているのは暗い人みたいにおもわれがち。そんなイメージを吹き飛ばし、楽しく明るい教室をつくりを目指しています。
 気になる料金は、入会金1300円。これは、最初だけ。1時間の講座がすべて1300円。だから週1回で月4回の人は、5200円。それと、月単位で維持費として管理費を1300円いただいています。だから、月4回の人は合計6500円月謝となります。
 受けている講座の内容だけでなく、パソコンに関する相談を幅広く聞いています。そしてできるだけ地域の人の要望に答えたいと考えています。パソコンをやりたい、知りたい、困っている人は、是非ご連絡下さい。
  連絡先: 埼玉県越谷市大里622-2 
        電話048-971-1918

  教室の本部は、こちらです。
       http://www.japan-itskill.com/pc_it/
[PR]
by ohbukuro1918 | 2008-11-12 18:59 | 記事 | Comments(0)