「ほっ」と。キャンペーン

パソコンで仲間づくり、楽しい生活づくりを応援します!


by ohbukuro1918
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お子様やお孫様の新学期に向けて、ネームシールを作りませんか。
ノートやかばん、筆入れや鉛筆に貼れるシール作りの特別講座を設けました。
◆ワードとインターネットの初歩の技術で簡単に作れます。
◆インターネットから「ラベル屋さんHOME」という
◆ソフトを ダウンロードします。
◆A-ONEという会社が提供している無料ソフトです。
◆ラベルにあった印刷が出来ます。
◆今回は、水に強いラベル16枚(33×12mm)を作成します。
◆自分で製作する時は、いろいろなラベルが選べます。
◆今回は、テキスト講習になります。
◆所要時間は、1~2時間です。
◆費用は、1時間あたり1,300円です。
◆用紙代として別途100円頂きます。
◆時間は随時となりますが、準備の関係上1週間前にご予約ください。


e0160690_1545983.jpg

[PR]
by ohbukuro1918 | 2009-02-26 18:54 | お知らせ | Comments(0)

無料復習講座の開設

家にパソコンのない方家では勉強がはかどらない方のために、本教室の空いているパソコンを無料開放します。内容は、今までの復習やタイピング練習です。
  2月は、下記の時間で開放します。
希望者は、スタッフに申し出て、予約をお取り下さい。
      ※2月の無料復習時間※     
     2月25日(水)16時 (満席となりましたm(__)m)
     2月27日(金)13時 
     2月28日(土)15時

[PR]
by ohbukuro1918 | 2009-02-18 14:29 | お知らせ | Comments(0)

「教える」ということ

 先日ある女性の生徒さんから、「うちの主人もパソコンはできるけれども、教えてもらおうとすると、こんなこともできないのかとじれったくなって教えてくれないし、分からないことも質問できない。けれどこの教室の先生は、親切にわかりやすく教えてくれるので質問し易いし、よく理解でます、助かります」というお話しをいただきました。「うれしい!!(^_^)v」とういのが素直な自分の気持ちです。
 私は高校生のとき友達とスキーにいきました。はじめてスキーをやる私に、友達が教えてやるよというのでついて行ったのです。ところが、こうやってすべるんだよと少し話しをして下の方へ滑っていってしまいました。一人残された私は、言われたとおりに形を作って滑りましたが、方向が定まらす転倒。スキーに足跡の穴をつけながら降りていきました。スキーを上手に出来る人が、教えるが上手とは限りません。むしろ、上手な人は、下手な人に気持ちや動作を理解できません。だから、「簡単だよ」とか「こうればいいんだよ」で終わってしまうのです。「知ること」と「教えること」は、少し違う部分があります。知ることは、自分の問題、一人称です。「教えること」は、相手がいる2人称です。相手の状況を考えて、相手の立場に立って理解させるのが「教える」ということと思っています。教室では、ムービーを使用しています。これは、一般の人向け、万人の人向けのムービーです。このムービーを見て、生徒さんがどのように理解しているのか、何につまずいているのか、生徒さん一人ひとりに気を配り、生徒さんの理解の手助けをしていくのがインストラクターの役割と思っています。それだけに、この一言は「インストラクターをしていて良かった」という思いです。感謝の気持ちは思っていても、なかなお話しを伺えないのが現状です。何気なく話してくれたお話しで、頑張れます。
お礼を言っていただいてありがとうございました。
[PR]
by ohbukuro1918 | 2009-02-14 15:35 | 記事 | Comments(0)
 今朝、家を出てすぐ携帯電話がポケットに入っていないことに気づき、朝の忙しいなかまた寒い中、家に取りに戻りました。しかし、「携帯電話」10年前は持っていませんでした。どこからでも電話をしたり電話を受けたり、急ぎでなければメールをしたり、便利な道具です。いまでは、携帯電話を持っていないと不安な感じがします。電車に乗ると携帯と「にらめっこ」をしている人の多いこと。「携帯で となりは何を する人ぞ」学校での携帯が問題になったり、10年前はほとんどの人が持っていなかったのに・・・。
 文明が発達し便利になると、人は一人で何でも出来るようになり、人間関係が希薄になると言われています。テレビ・パソコンみんな一人で楽しむものばかり。一方で、人は人と人とのつながり求めています。携帯が無くて不安なのは、寂しい現代人の心の中をあらわしているように思います。
 私の教室は、パソコン教室です。一人でムービーに向かってヘッドホンをつけながら1時間静かに受講します。ある意味、孤独になって学習します。本当の勉強は、一人で集中して行うものですから、その意味では、良い環境と言えます。ただ、これだけでは孤独です。不安でもあります。そこで、インストラクターの私たちがお手伝いします。正直、インストラクターとして質問も何もなく1時間が終わってしますのは、寂しく感じます。質問の中には、私が考えさせられるものや自分が学んだときには考えもしない質問があります。そんな疑問を自分も含めて解決していくときは、達成感があります。だから、素朴な質問ほど大歓迎。どしどし質問して下さい。また生徒さんにとっても、「これでいいのかな」と疑問を感じながら進めるより、質問をして確認をして進めていただいた方が安心感があります。質問を通じて、交流を深めていけたら良いと思います。
 「パソコンは本で学ぶから」「通信教育で学ぶから」という人もいます。それも、一つの方法です。ただ多くの人は、少しパソコンを動かすといろいろな疑問が出てきます。そのような時、教室で学んでいるとすぐ質問が出来て、説明を受け安心して理解を深めることが出来ます。パソコン教室の利点は、ここにあります。パソコンを打っていて急に文字で現れ方が変わったことはありませんか。例えば、平仮名を打っていたのにアルファベットになってしまった、というようなことが。おそらく、キーボードのキーのどれかを無意識のうちに触ってしまったのだと思います。小さなことでも、初心者にはとても難しく感じられるのがパソコンです。それが、パソコンをあきらめる原因になっている人も多いと思います。私のパソコン教室は、管理費月額1,300円、講座1時間1,300円が料金です。だから月額(月4回)6500円から学ぶことが出来ます。お稽古事の中では、そんなに高くない金額と思います。
 「パソコン」「機械」「コンピュータ」と聞くと、冷たい・機械的という感じがしますが、その中で私たちは人と人との触れ合い、地域と交流を大切にして教室を運営しています。興味をもたれた方、パソコンに挑戦しようと考えてる方、是非ご連絡下さい。
[PR]
by ohbukuro1918 | 2009-02-06 16:20 | 記事 | Comments(0)