パソコンで仲間づくり、楽しい生活づくりを応援します!


by ohbukuro1918
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

無料復習講座の開設

家にパソコンのない方家では勉強がはかどらない方のために、本教室の空いているパソコンを無料開放します。内容は、今までの復習やタイピング練習です。
  2月は、下記の時間で開放します。
希望者は、スタッフに申し出て、予約をお取り下さい。
      ※2月の無料復習時間※     
     2月25日(水)16時 (満席となりましたm(__)m)
     2月27日(金)13時 
     2月28日(土)15時

[PR]
# by ohbukuro1918 | 2009-02-18 14:29 | お知らせ | Comments(0)

「教える」ということ

 先日ある女性の生徒さんから、「うちの主人もパソコンはできるけれども、教えてもらおうとすると、こんなこともできないのかとじれったくなって教えてくれないし、分からないことも質問できない。けれどこの教室の先生は、親切にわかりやすく教えてくれるので質問し易いし、よく理解でます、助かります」というお話しをいただきました。「うれしい!!(^_^)v」とういのが素直な自分の気持ちです。
 私は高校生のとき友達とスキーにいきました。はじめてスキーをやる私に、友達が教えてやるよというのでついて行ったのです。ところが、こうやってすべるんだよと少し話しをして下の方へ滑っていってしまいました。一人残された私は、言われたとおりに形を作って滑りましたが、方向が定まらす転倒。スキーに足跡の穴をつけながら降りていきました。スキーを上手に出来る人が、教えるが上手とは限りません。むしろ、上手な人は、下手な人に気持ちや動作を理解できません。だから、「簡単だよ」とか「こうればいいんだよ」で終わってしまうのです。「知ること」と「教えること」は、少し違う部分があります。知ることは、自分の問題、一人称です。「教えること」は、相手がいる2人称です。相手の状況を考えて、相手の立場に立って理解させるのが「教える」ということと思っています。教室では、ムービーを使用しています。これは、一般の人向け、万人の人向けのムービーです。このムービーを見て、生徒さんがどのように理解しているのか、何につまずいているのか、生徒さん一人ひとりに気を配り、生徒さんの理解の手助けをしていくのがインストラクターの役割と思っています。それだけに、この一言は「インストラクターをしていて良かった」という思いです。感謝の気持ちは思っていても、なかなお話しを伺えないのが現状です。何気なく話してくれたお話しで、頑張れます。
お礼を言っていただいてありがとうございました。
[PR]
# by ohbukuro1918 | 2009-02-14 15:35 | 記事 | Comments(0)
 今朝、家を出てすぐ携帯電話がポケットに入っていないことに気づき、朝の忙しいなかまた寒い中、家に取りに戻りました。しかし、「携帯電話」10年前は持っていませんでした。どこからでも電話をしたり電話を受けたり、急ぎでなければメールをしたり、便利な道具です。いまでは、携帯電話を持っていないと不安な感じがします。電車に乗ると携帯と「にらめっこ」をしている人の多いこと。「携帯で となりは何を する人ぞ」学校での携帯が問題になったり、10年前はほとんどの人が持っていなかったのに・・・。
 文明が発達し便利になると、人は一人で何でも出来るようになり、人間関係が希薄になると言われています。テレビ・パソコンみんな一人で楽しむものばかり。一方で、人は人と人とのつながり求めています。携帯が無くて不安なのは、寂しい現代人の心の中をあらわしているように思います。
 私の教室は、パソコン教室です。一人でムービーに向かってヘッドホンをつけながら1時間静かに受講します。ある意味、孤独になって学習します。本当の勉強は、一人で集中して行うものですから、その意味では、良い環境と言えます。ただ、これだけでは孤独です。不安でもあります。そこで、インストラクターの私たちがお手伝いします。正直、インストラクターとして質問も何もなく1時間が終わってしますのは、寂しく感じます。質問の中には、私が考えさせられるものや自分が学んだときには考えもしない質問があります。そんな疑問を自分も含めて解決していくときは、達成感があります。だから、素朴な質問ほど大歓迎。どしどし質問して下さい。また生徒さんにとっても、「これでいいのかな」と疑問を感じながら進めるより、質問をして確認をして進めていただいた方が安心感があります。質問を通じて、交流を深めていけたら良いと思います。
 「パソコンは本で学ぶから」「通信教育で学ぶから」という人もいます。それも、一つの方法です。ただ多くの人は、少しパソコンを動かすといろいろな疑問が出てきます。そのような時、教室で学んでいるとすぐ質問が出来て、説明を受け安心して理解を深めることが出来ます。パソコン教室の利点は、ここにあります。パソコンを打っていて急に文字で現れ方が変わったことはありませんか。例えば、平仮名を打っていたのにアルファベットになってしまった、というようなことが。おそらく、キーボードのキーのどれかを無意識のうちに触ってしまったのだと思います。小さなことでも、初心者にはとても難しく感じられるのがパソコンです。それが、パソコンをあきらめる原因になっている人も多いと思います。私のパソコン教室は、管理費月額1,300円、講座1時間1,300円が料金です。だから月額(月4回)6500円から学ぶことが出来ます。お稽古事の中では、そんなに高くない金額と思います。
 「パソコン」「機械」「コンピュータ」と聞くと、冷たい・機械的という感じがしますが、その中で私たちは人と人との触れ合い、地域と交流を大切にして教室を運営しています。興味をもたれた方、パソコンに挑戦しようと考えてる方、是非ご連絡下さい。
[PR]
# by ohbukuro1918 | 2009-02-06 16:20 | 記事 | Comments(0)
 「市民IT講座は、越谷市民以外は入れないのですか」先日こんな電話がきました。そんなことはありません。誰でも入ることが出来ます。「市民」というネーミングからこんな誤解を招いています。申し訳ありません。パンフレットにも書かれているのですが「地域の方と一緒に」という気持ちで「市民」とういう言葉を使わせていただいています。
 そこで今回は、地域紹介をしたいと思います。
 先日、この地域に詳しい生徒さんから焼き物が置いてありとってもおしゃれなコーヒーショップがあると聞いたので、夕方行ってみました。4号線のバイパスを越えた日産プリンスの裏手に、暗闇の中に静かな明かりが灯っていました。私たちを向かいいれるかのように石畳に光が映えていました。(下の写真)
店に入ると、広い店内が奥まで見渡せ、壁や仕切りに木彫りの彫刻や置物がたくさん飾られていました。テーブルもソファも座敷もあり不思議な空間。「コーヒー」の店と思いきや御飯ものから鍋物・パスタまでいろいろありました。当日は、スパゲッティ祭りということで、ボンゴレをいただきました。ちょっと太目の麺に塩味のスープがあい、おいしくいただきました。メニューを見ていたら「飲む玉葱」???変わり物が好きな私ですが、これは初めてでした。飲んでみたら、甘くりんご果汁の味に蜂蜜の甘さがありました。ボトルには「タマネギパワーで健康管理」の文字。よく分からんとおもいながら、飲みました。でもさっぱりとした甘さでとても美味しかったです。結構癖になる味です。
 お店の名前が「カフェ」なのでコーヒーを注文すると、益子焼の深みのあるカップで持って来てくれました。お代わりも出来ます。パスタがサラダ付きで600円。玉葱ジュースが250円。コーヒーが250円。お店のこだわりと良心を感じるお値段でした。
 帰りにもらった名刺には「幸せを売る店 カフェ・ギャラリー 節」
 営業時間は、10時~ で閉店時間は書いてありませんでした。
 大袋に来られたら是非一度行かれて見て下さい。
 住所 越谷市大里594-1   電話 048-954-9514
e0160690_15522599.jpg

[PR]
# by ohbukuro1918 | 2009-01-21 18:36 | 記事 | Comments(0)
大袋教室は、これまで火曜日から土曜日までを開室していましたが、2月より月曜日もオープンすることとなりました。月曜日は、10時から17時までを予定しています。希望する方は、スタッフまで申し出るようお願いします。 
 また、1月に3回説明会を行います。パソコンを学びたい方や興味を持ち始めた方、是非おいでください。日時と場所は、以下の通りです。
 1月25日(日) 大袋教室(大袋駅 徒歩3分)
           (①10:30  ②13:30  ③15:30)
 1月27日(火) 北部市民会館 2F第1会議室
           (①10:30  ②13:30  ③15:30 ④19:30)
 1月28日(水) 松伏町中央公民館 302講座室
           (①10:30  ②13:30  ③15:30)  
[PR]
# by OHBUKURO1918 | 2009-01-14 19:29 | お知らせ | Comments(0)
 
 下の写真は、教室の生徒さんが作られた年賀状の作品です。本教室では、本部で作成した「ハガキでき太」という年賀状作成ソフト(1300円)を使用して、生徒さんが年賀状を作成しました。年賀状の作成ソフトは「筆○○○」といういろいろなソフトが書店等で販売されています。これらは、大勢の人に買っていただくために万人向けで、やや難しいのが現状です。本教室で使用している「ハガキでき太」は初心者向きに作成したソフトで、今までパソコンが苦手でうまく出来なかった人にも、使えるように開発したものです。授業では4時間の講座が組まれ、これを受講して実際に使えるようになります。それでも、ハガキでき太のソフトをインストールするときにウイルス対策ソフトが働いてうまくインストールできなかったり、宛名の長い住所を2列にすることが出来なかったり、慣れない生徒さんには、戸惑うことが多くあります。そんな時、われわれインストラクターの活躍の場となります。困っている生徒さんを助けてあげられるのは、インストラクターとしてうれしくもあります。インストールが出来なくて、ノートPCを持って来て生徒さんのお手伝いをしたこともありました。本教室で販売した責任において、きちんとしたサポートを心掛けています。だから、安心して購入していただいています。このソフトに限らず、パソコンについては、使用しているといろいろな困った状況が起きます。そんな時、我々に相談してください。さらにまた、本部にサポートセンターがあり、無料で質問が出来るようになっています。
 教室を運営していると「公的機関でもないのになぜ「市民」というのですか」という質問を受けることがあります。この質問に最初はうまく答えられませんでした。ただ今は半年間この教室を運営していて、地域のために貢献できるパソコン教室を目指したいという気持ちが強くなり、「市民」という看板を掲げても恥ずかしくないという思いがしています。それ以上に「市民」の名に恥じない教室にしなくてはいけないと使命感みたいな意識を持つようになりました。この教室に通われてパソコンが面白くなったという声を聞くと本当にうれしくなります。アドバイスをして感謝されることは、仕事の成就感につながります。
 この写真の年賀状を作成した生徒さんの中には、教室に入った時自分がデザインやレイアウトをして自分の手で年賀状を作成できるなんて考えもしなかった人もいたと思います。自分で出来ないと思っていたことができた喜びは、大きなものがあります。パソコンに関することでこの喜びをあたえるのが、インストラクターの役割といえます。それは、アドバイザーが身近にいることで初めて出来ることです。地域の市民の一人として身近な街の「パソコン相談室」として頑張っていきます。
 これからも、遠慮なく声を掛け、ご相談して下さい。
e0160690_1738073.jpg

[PR]
# by ohbukuro1918 | 2009-01-01 00:04 | 記事 | Comments(0)
12月 2つのキャンペーンを計画!!
 
①12月1日~27日までの間に
  クーポン30購入者に、追加無料受講券を1枚
  クーポン50購入者に、追加無料受講券を2枚プレゼント 
  さらに  
   スペシャル特典→下の写真の「オリジナル卓上カレンダー」をプレゼント

②日頃の感謝と頑張っている人への応援の気持ちから
   会員生徒の皆さんに教室を無料開放します。
   ※今まで勉強したところのムービーをもう一度見ることが出来ます。
   ※インストラクターに質問が出来ます。
   ※タイピング練習が出来ます。
   ※自分で作りたい書類を持って来て、アドバイスやヒントをもらうことが出来ます。
   ☆注意!! インストラクターは、ずーっとそばに付いて教えることは出来ません。
          質問に答える程度になります。(御協力をお願いします)
   日時:12月19日(金)13時~13時50分       
    12月25日(木)16時~16時50分

   注意!!  台数に限りがあります。必ず事前予約を入れて下さい。

   教室の空席情報が次のページにあります。下の次のページをクリックして下さい

  e0160690_1627840.jpg
[PR]
# by ohbukuro1918 | 2008-12-11 15:55 | お知らせ | Comments(0)

無料開放講座!!

 6月にオープンした大袋教室。その頃、私は新入社員(今でも新入りですが)としてこの会社に入りました。それまで、パソコンのインストラクターの経験は、ありません。その新入りが教室を任されて、午後特に夕方は一人になることが多いのです。夕方は生徒さんが少ないので一人で十分間に合うのですが、一人でいるというプッシャーは常にあります。「インターネットがつながらない」とか「お客さんとトラブルを起こしてしまった」など何か起きてしまったらどうしようという不安があります。もう少し違った角度からこのことを考えると、逆にこの新入りに教室を任せる「太っ腹な会社」ともいえます。そんな太っ腹なところは、他にもあります。それは、教室のパソコンの無料開放です。本教室では、12月19日(金)13時~と12月25日(木)16時~の2回無料で教室を開放します。生徒さんが自由に来て、以前学んだ学習の復習をしたり、教室のソフトでタイピング練習をしたり、自分の作りたい課題を持って来てインストラクターに質問をしたり出来ます。それが「無料」です。正直、たいして儲かっていないこの教室でこんなことをして良いのだろうかと疑問にも思います。
 反面、人にいろいろなことを教えることが好きでインストラクターを志願してこの仕事をさせていただいている私には、うれしい機会でもあります。普段は、ムービーで学習していてあまり話が出来ない生徒さんと気軽に話しが出来る良い機会なのです。分からないことを教えてあげられる喜びがそこにはあります。でも、生徒さんの中には、質問を苦手としている方もいます。ムービーだけでも十分に理解できますが、自分で理解したことを言葉に出して人と話しをすると理解力はさらに深まります。話しながら自分の学んだことが、確認できます。また、私たちにとっては、生徒さんがどこまで理解できたかを知る良い機会でもあります。だから、遠慮なく声を掛けて下さい。でも、ひとつお願いがあります。それは、生徒さんは、一人だけではありません。いろいろな方がいろいろな理由で学んでいます。話しをするときは、小さな声でお願いします。携帯電話はマナーモードにして置いて下さい。お互いの立場を気遣うことで、楽しく有意義に学ぶことが出来ます。これからも、大勢の人が楽しく学べる教室を心がけています。宜しくお願いします。
[PR]
# by ohbukuro1918 | 2008-12-04 18:24 | お知らせ | Comments(0)
 今日2人の方が退会・休会されました。その理由は一人の方は、仕事が決まった為、もう一人の方はパソコン教室へ来る目的が達成された為との事でした。お二人とも、パソコン教室へ来てパソコンでいろいろなことを学んでいかれました。教室で皆様と接しているインストラクターの私にとっては、本来うれしいことなのですが、一面の寂しさもあります。お顔と名前を覚え、いつもにこやかなお顔で入ってくる人、礼儀正しく挨拶をしてくれる人、その人なりのイメージが出来上がっています。ワードやエクセルの分からなかったところを説明して、理解してもらえて喜んでもらえた時は、インストラクターをしている喜びを感じます。そんな慣れ親しみ始めた人たちが去っていくことは、正直さびしいですね。
 でも、この教室に来られる方は、みなさん月謝を払っていただいています。月謝を支払っていただくには、それなりの魅力なり充実した内容が必要です。「特別講座」これは、正式のカリキュラムにはない講座です。今回、生徒の方々にアンケートをとり「デジカメを整理しよう」という1時間の講座を開きました。デジカメが普及して、撮った写真の整理に困っている人が多いと感じたので、その写真に名前をつけ、ナンバーをふり、アルバム印刷をして写真をまとめておく方法を学ぶ講座です。おかげさまで、7人の方が受講の申し込みをされました。受講後、写真の上手に整理をしてくれることを望みます。もし、うまく出来なくても、その後教室に来たときに質問や相談にのってあげられることがうれしいです。その時に、次回の講座へ反省ができ改善することが出来ます。お金をいただいているだけに、喜んでいただけることが一番うれしいです。 
 先月退会された方は、今そのご主人様が教室に通われています。教室に来た時に、そのご主人様から「家内が大変お世話になりました」とこちらからの挨拶の前に挨拶されました。私の方は、恐縮してしまいました。奥様が私たちのことを話してくれていた、退会されてもつながりは続いているんだとうれしくなりました。私たちの仕事のやりがいは、パソコンを通じて人の輪を広げることにあるのかも知れません。パソコンに興味を持ち、勉強してインストラクターになりました。「コンピューター」というと人間の血の通わない冷たく計算する機械というイメージですが、私たちは「コンピューター」を通して人とのつながりを大事にしたいと思っています。だから、ミスや失敗もあります。でも、楽しくお互いの立場を大切にしてがんばりたいと思います。これからも、いろいろな人と出会いと別れを繰り返しながら仕事をしていきます。
[PR]
# by ohbukuro1918 | 2008-11-27 23:45 | 記事 | Comments(0)

パソコンと日本語

 「旭山動物園」の「旭」とい漢字が出てこないという質問がありました。私は、「あさひやまどうぶつえん」とまとめて変換しようとしたから正しく変換されなかったと思い「あさひ」と1字だけ変換してみて下さいとアドバイスしました。するとその方は「あさ“し”」と入力をしたのです。「ひ」を「し」を間違えていたのです。私も以前「通り」という漢字に変換するとき、「とうり」と入力して「通り」の字が出てこなくて、このパソコンは壊れていると思っていた時期があります。「通行」と入力して「行」の字をバックスペースで消していました。自分がした間違いを生徒さんもして、ちょっと安心しています。
 以前パソコン(ワープロ)が広まり始めた頃、「パソコンばかりしていると、漢字を覚えなくなる」という声を良く聞きました。でも、今はパソコンから正しい日本語教わっている気がします。漢字が読めないとき、読めそうな読み方で入力するとそのうち正しく変換され、「見つかった」と安心します。パソコンをするということは、正しい日本語の勉強になっているのですね。
 しかし、言語バーが2007になると、「とうり」と入力して変換すると、候補の中に「通り」が出てきます。すごいですね。人間が間違えそうなところを、先に読んで候補の中に入れているのです。ここまで来ると、考えさせられてしまいます。そこまで、コンピュータの頼って良いのでしょうか。「便利」ではあります。その便利さに慣れてしまうことは、いささか抵抗を感じます。これは、私が50代だからでしょうか。20代の若者なら、抵抗なく受け入れ、さらに便利なものを考え世の中は進歩していくのかもしれません。
 「新しいもの」だからという理由で、一概に「良い」「悪い」はいえません。それを正しく知る中で判断することが大切と思います。そのためにも、パソコンを正しく学ぶことは意義あることいえます。新しい発見を求めて、これからもパソコンを学んでいきたと思っています。
 是非、一緒にパソコンを学び、お話ししましょう。
 
[PR]
# by ohbukuro1918 | 2008-11-19 17:32 | 記事 | Comments(0)
 6月4日より、東武伊勢崎線大袋駅より徒歩3分のところに、「パソコン市民IT講座 大袋教室」を開設しました。
 パソコンが苦手な人、パソコンが家にあるけれど使っていない人、ワードやエクセルをなんとなくできるけれど自信のない人、インターネットや電子メールをやりたいけれど良くわからない人、デジカメでたくさん写真を撮るけれどその後の整理ができない人、・・・・そんな人は是非、本教室へ相談に来てください。
 現在約70名の方が学ばれています。本教室は、1時間単位。時間は、一人ひとり自由に都合のいい時間を選べます。個人別のムービーで個別学習をしているからです。だから、一人ひとりのペースに合わせて学習できます。インストラクターがいますので、ムービーで分からないことはすぐに質問して、答えてもらえます。
 「楽しくパソコンを学んでほしい」これがスタッフの願いです。パソコンをうまくできないとイライラしがち。また、パソコンをしているのは暗い人みたいにおもわれがち。そんなイメージを吹き飛ばし、楽しく明るい教室をつくりを目指しています。
 気になる料金は、入会金1300円。これは、最初だけ。1時間の講座がすべて1300円。だから週1回で月4回の人は、5200円。それと、月単位で維持費として管理費を1300円いただいています。だから、月4回の人は合計6500円月謝となります。
 受けている講座の内容だけでなく、パソコンに関する相談を幅広く聞いています。そしてできるだけ地域の人の要望に答えたいと考えています。パソコンをやりたい、知りたい、困っている人は、是非ご連絡下さい。
  連絡先: 埼玉県越谷市大里622-2 
        電話048-971-1918

  教室の本部は、こちらです。
       http://www.japan-itskill.com/pc_it/
[PR]
# by ohbukuro1918 | 2008-11-12 18:59 | 記事 | Comments(0)